kerasを触ってみた(Ⅰ)

keras. + Tab補完により出力される以下の関数、クラス、モジュールについて簡単にまとめました。

In [1]: keras.
keras.Input           keras.activations     keras.constraints     keras.layers          keras.models          keras.utils
keras.Model           keras.applications    keras.datasets        keras.legacy          keras.optimizers      keras.wrappers
keras.Sequential      keras.backend         keras.engine          keras.losses          keras.preprocessing
keras.absolute_import keras.callbacks       keras.initializers    keras.metrics         keras.regularizers

どれがmodule、class、functionなの?

moduleなのは、

keras.activations
keras.constraints
keras.layers
keras.models
keras.utils
keras.applications
keras.datasets
keras.legacy
keras.optimizers
keras.wrappers
keras.backend
keras.engine
keras.losses
keras.preprocessing
keras.callbacks
keras.initializers
keras.metrics
keras.regularizers

です。

modulue以外のものについては、

keras.Model

がkeras.engine.training.pyのスクリプト内部で定義されているModelクラスです。

keras.Sequential

がkeras.models.pyのスクリプト内部で定義されているSequentialクラスです。

keras.Input

がkeras.engine.topology.pyのスクリプト内部で定義されているInput関数です。

keras.absolute_import

が__future__のおまじないです。気にしないでください。

基本的に、module、つまり、.py形式のスクリプトで定義されたものがTab補完で並び、頻繁に使用されるクラスや関数は特別に楽にアクセスできるよう、moduleと同じようにアクセスできる工夫がされていると考えられます。

Follow me!