Chrome リモートデスクトップを試す

最近、しばしばリモートデスクトップを必要するときがあります。そのため、前から気になっていたchrome リモートデスクトップを試すことにしました。

chrome リモートデスクトップの仕組み

今後記載予定

ホスト側での準備

ホスト側では、Chrome Remote Desktopという拡張機能をインストールすることで有効になります。以下にプロセスを簡単に説明していきたいと思います。

まずは、remotedesktop.google.comにアクセスし、「使ってみる」をクリックします。

以下のようなページに変わるので、ダウンロードをクリックします。

クリックすると、以下のようなページが新しいタブで開かれるので、「Chromeに追加」をします。

先ほどのページのダウンロードアイコンが、「同意してインストール」という表記に変化しているので、クリックします。

パソコンにインストールされたファイルを実行するには管理者権限が必要になります(管理者権限の持っていないアカウントではインストールできません)。実行が終了すると、名前の選択が問われるので、名前を決めます。この名前は、このホストPCへ接続するときに自分が分かる名前にすれば大丈夫です。

名前を決め、「次へ」をクリックします。つぎにPINの入力を求められるので、PINを決めます。他の端末からリモート接続するときにはアカウントとPINが必要になります。PINは忘れないような数値列にすることをお勧めします。

PINの入力が終わると、以下のようにリモートデスクトップが有効になります。

クライアント側での操作

スマートフォンの場合

PlayストアまたはAppストアでChromeリモートデスクトップをインストールすることで、利用可能になります。端末でログインしているGoogleアカウントとホスト側でインストール時に使用したアカウントが等しければ、先ほど指定したホストPCの名前が表示されるので選択し、PINを入力します。正しく入力されれば、ホストPCの画面が表示されます。

パソコンの場合

クライアントPCで、remotedesktop.google.com/accessにアクセスします。アカウントが同じであれば、ホストPCが表示されるので、クリックしてPINを入力することで、ホストPCの画面が表示されます。

停止や再開する方法

Chrome リモートデスクトップはPCが起動していれば、Chromeが起動していなくても常に有効になっています。アカウントとPINが盗まれない限り、ほぼ安全とは言えども、使用していないときは停止したいですよね。ですので、以下に停止方法を示します。

タスクマネージャを開く

サービスをクリック

chromotingを探し右クリック

「停止」をクリック

再開したいときは、同様の操作で、「開始」をクリックします。

安全性を高める

今後記載予定

Follow me!

コメントを残す