簡潔に理解!スマートシテと人工知能+α

本記事では深堀りしすぎず、簡潔にスマートシティや人工と脳について理解することを目標に執筆しました。+αとして日本で計画されているWoven City構想について簡単に紹介したいと思います。

スマートシティと人工知能

スマートシティとは

スマートシティでは都市全体のあらゆる分野をまとめて最適化することで、エネルギーや時間などあらゆるロスを削減し、人々の生活の質(QOL)向上や持続可能な発展都市を目的としています。

人工知能とは

人工知能の定義は人により異なるため、ダイレクトにこれということができませんが、機械に知的な思考や動作を可能にするものというイメージを持っていただけるとよいと思います。

なぜ今スマートシティなのか

スマートシティ構想自体は新しいものではありません。技術が未熟だったために、世の中のロス、つまりスマートではないことを最適化していこうという基本的なアイディアを実現することが不可能だったと理解すべきでしょう。近年では、コンピュータ技術・性能の向上と、ありとあらゆるものがインターネットに接続されるIoT化により収集された膨大なデータ(ビッグデータ)により、人工知能(AI)で深部に潜む見えないパターンを抽出可能になりました。
AIは真新しい技術ではありません。AIの実現方法は様々な種類がありますが、近年注目されている深層学習(ディープラーニング)という手法の基礎研究は1960年代に既に始まっています。AIブームは何度も冬の時期を迎えながらも、やっと、実用化が可能になり、ディープラーニングブームになっているのです。今やっと本領発揮できるようになったAIですが、それの活用先は自動運転や画像認識などにとどまらず、都市全体の最適化にも活用の幅が広がってきているのです、

スマートシティにより改善されることの例

スマートシティにより改善される例を挙げていきたいと思います。ポイントはあらゆるロスを減らすことですので、その軸に従うと、

  1. 信号の待ち時間の最小化
  2. 渋滞緩和
  3. 効率的な公共交通の運行
  4. 電気使用時間の分散

などが思いつくでしょう。車がいないのに信号に止められてイライラしたことありませんか?今の信号機は機械的に決められたように赤青を変化させるだけですので、自動車や信号機がIoT化することで、待ち時間を最短にした効率的な移動が可能になることでしょう。渋滞緩和もAIによる混雑状況を考慮したルーティングで可能になります。また、家電の電気使用時間がIoTによりビッグデータとして蓄積されることでAIによる最適な電力配分や推奨使用時間の提案等により電力ロスを減らすことにつながるでしょう。

これらすべては、生活で発生する非効率を効率的かつ合理的に実現することにつながり、人々の生活の質(QOL)を向上させることにつながります。

Woven City

Woven Cityとはトヨタ自動車が世界最大のエレクトロニクス見本市「CES 2020」で発表した実証都市で静岡県裾野市に建設が予定されています。スマートシティの実現に向けた第一歩が踏み出されたことになります。この実証都市では、CASE、人工知能、モビリティ、ロボット等の実験がされる予定で、トヨタ自動車はすべてを手掛けているので今後の技術進歩のスピードに注目です。

Follow me!